読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|升田幸三vs木村義雄1951-05-02名人戦4局|その2 木村、攻めの好手

1951-05-02第10期名人戦七番勝負第4局「升田幸三八段」vs「木村義雄名人」

f:id:shogifan:20150513172725p:plain

後手は攻めたいが、うっかり攻めると反撃が厳しい。

巧い攻めがあった。

f:id:shogifan:20160217232337j:plain

 

 △1五角

f:id:shogifan:20150513172736p:plain

木村、攻めの好手 端角打ち

桂馬の頭に3六歩が第一感だが、4五桂、3七歩成、1六角と軽く指されて反撃がきつそうだ。

△1五角と端に打ったのが好手だった。これで4五桂は王様を取られる。

2図以下▲4八銀△3六歩▲4五桂△3七歩成▲1六角△4八と、と銀を取れて後手やや優勢となった。端に角を打つと2方向にしか利かないが、この角はこの後も威力を発揮した。

続きあり、その3で。