読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|谷川浩司vs中原誠1985-04-24名人戦3局|中原、攻めの妙手

先手:谷川浩司名人 後手:中原 誠王将・王座1985/04/24第43期名人戦3局

f:id:shogifan:20150614054258g:plain

後手がどう攻め続けるかとういう局面。

 

△7五銀

f:id:shogifan:20150614054335g:plain

中原、攻めの妙手 歩頭の銀打ち

5九角とか3九角とか、私が考えるダサい攻めではやられてしまうのだろう。

△7五銀! ガツンと音がするようだ。なるほど、同歩は8六飛の十字飛車だし、同金は6六角の王手飛車。6七金引きは6六歩が痛い。

実戦は2図以下、▲5七銀△8六銀、8七歩打、7七歩打、 同 桂、8七銀成、 同 金、8六歩打、同 金、 同 飛、8七歩打、8二飛と進行。

6六の金を取らず、7八の金をはがすのが巧妙だった。これで後手優勢となり、後手勝ちとなった。

広瀬八段がNHKの将棋フォーカスで取り上げた局面。名人奪還に燃える中原さん37歳の映像がとてもそのお歳に見えなかった。あのとき案外若かったんだーーー。