読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|丸田祐三vs大野源一1956-02-23早指し王位挑戦者決定戦|大野振飛車理想のさばき

B{あいうえお}棋士 02月対局

1956-02-23 第2回早指し王位決定戦挑戦者決定戦

丸田祐三八段」vs「大野源一八段」 棋譜

f:id:shogifan:20150527082142g:plain

大野得意の△三間飛車。 持久戦になり、双方金が攻め駒になった。図から後手がさばく。 

f:id:shogifan:20160226054340j:plain

△2五金▲同 飛△3六飛▲2三歩成△3七飛成▲1三と△3三桂

f:id:shogifan:20150527082223g:plain

大野振飛車理想のさばき

△2五金! 変わった感触の手である。 先手は、同金だと飛車先が重いので▲同飛だが、△3六飛と金を取れてさばけては振飛車申し分ない。

そして2図の△3三桂が何とも気持ちのいい手。 振飛車が成り込んで、飛車側の桂馬がさばけ、理想のさばきである。 以下は△4五桂から△5七金と打つ展開になり、素早く寄せた後手大野八段の快勝。

大野源一九段は、升田幸三大山康晴らの兄弟子で三間飛車を得意とした。 タイトル実績はないが、A級16期の名棋士である。 「さばきのアーティスト」久保九段は、大野九段の振飛車を勉強したらしい。