読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|羽生善治vs中原誠1989‐02‐20NHK杯決勝|猛攻のなかの小技の好手 羽生が四名人に連勝しNHK優勝

A01羽生善治.永世六冠.七冠独占 02月対局

1989/02/20第38回NHK杯戦決勝*「羽生善治五段」vs「中原 誠棋聖」 棋譜

f:id:shogifan:20150525203851p:plain

羽生五段は▲ひねり飛車を採用しきれいに駒をさばいた。先手のここ数手がハイライト。  

f:id:shogifan:20160219033049j:plain

▲6三歩成△同金▲4二角成△同玉▲6四歩△7四金▲同飛△同歩▲5三歩

f:id:shogifan:20150525203907p:plain 

大駒二枚斬りの猛攻のなかの小技の好手 羽生が四名人に連勝しNHK優勝 

羽生五段が驚異の優勝を成し遂げた年度の決勝。

1図から大駒斬って後手の金銀をはがしたのがすごい攻めだった。猛攻に目を奪われるが、歩の成り捨てから▲6四歩のタタキと、歩の小技のお手本のような好手である。

2図▲5三歩できれいに攻めがつながっている。 先手は小駒だけだが玉は堅く、以下△6一銀▲6三歩成と、と金ができて充分。歩が大活躍、大出世だ。こんなに歩がうまく使えたら気持ちいいなあ。

羽生快勝でNHK杯初優勝となった。羽生さんが大山康晴加藤一二三谷川浩司中原誠ら四人の名人経験者に連勝し、NHK杯で優勝したことは衝撃の出来事であった。

 

この将棋について面白い記述を発見↓  文中まんなかあたり。 「NHK杯将棋トーナメント60周年記念・歴代優勝者が選ぶ名勝負十局」感想