読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|大山康晴vs木下晃1982-02-01NHK杯|木下が大金星で準決勝へ

1982/02/01第31回NHK杯戦4回戦第3局

大山康晴王将」vs「木下 晃五段」 

1982-02-01a_20140208060505702.png

木下晃五段の指し手がさえて会心譜となった将棋。 ▲四間飛車に△腰掛け銀。先手が角交換を挑んで激しい流れになったが、後手優勢となった。1図から手筋が決まって後手勝ちになった。 

f:id:shogifan:20160229223210j:plain

△3六桂打▲同歩△同桂▲3三桂成△4一玉 まで後手の勝ち

1982-02-01b.png

手筋のつなぎ桂 木下が大金星で準決勝へ

手筋の「つなぎ桂」がまともに決まってしまった。 先手玉はあっという間に必至がかかった。「つなぎ桂」としては最高のケースだった。 さかのぼると、これを見越して△4四桂と打っておいたのが好手だった。 本局は木下さんの指し手は勢いよく快勝だった。

木下晃さんはこの年度のNHK杯を盛り上げた存在だった。大金星を挙げて準決勝に進出した。本局は大山康晴先生の晩年であったが、このときまだ王将のタイトル保持者であり、この勝利は大変なことであった。