読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|渡辺明vs羽生善治2012-12-26棋王戦挑戦決定1局|敗局にも感じた渡辺の好調

2012年12月26日第38期棋王戦挑戦者決定二番勝負第1局

羽生善治三冠 対 渡辺明竜王  棋譜

2012-12-26a.png

渡辺明竜王の敗局だがインパクトがあった一局。 羽生善治三冠が矢倉▲4六銀を採用。 1図は厳しい▲6三飛成が来たところで、後手不利。だが後手の次の一手にびっくりした。 

f:id:shogifan:20160302222740j:plain

△6九銀 

2012-12-26b.png

敗局にも感じた渡辺の好調

本戦優勝の渡辺竜王が有利の2番勝負。これに負けても次に勝てばいい。 2図△6九銀!がハイライト局面。 渡辺竜王が指したびっくりの手で、凡人には絶対考えつかない手だ。タダ捨ての銀で、敵の竜を▲6九同竜と戻そうというもの。しかしその後は羽生三冠が金銀のスクラムで、ジワジワやってゆく。銀捨ては形勢好転には至らず、先手羽生勝ちとなった。

だが、本局は渡辺竜王の敗局になったものの、調子の良さや勢いを感じた。好調でなければこんな銀は打てない。 次局には勝って、渡辺竜王が挑戦者になった。