読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|天野宗歩vs和田印哲1852-11-17御城将棋|天野宗歩のさばき

 1852-11-17 御城将棋 将棋手鑑下巻第41局

「天野宗歩」vs「和田印哲」

1852-11-17.png

天野宗歩のお城将棋の棋譜から。 先手引き角から角交換の将棋。宗歩が天野矢倉(片矢倉)、印哲は左美濃に囲った。

先手は角がねらわれているが、次の一手と数手先に好手が見られた。

f:id:shogifan:20160308051630j:plain

 ▲3六歩△3四金▲2三歩成△同銀▲5六歩 

1852-11-17a_20131228064443e98.png

天野宗歩のさばき 

まず、丸い角の頭に打った▲3六歩が好手。△同金なら▲3四歩がきびしい。 印哲はこの手を見落としていたのだろう。この誤算は痛かった。

2図の▲5六歩の合わせ歩がまた好手。 そのあと天野宗歩の角は5五角→4四角→7一角成と見事にさばけ、快勝となった。

天野宗歩数え37歳の年の対局。