読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|久米可六vs天野宗歩1833-05-19「将棋手鑑」|その2 天野宗歩のねらい筋

05月対局 A~~天野宗歩.幕末の棋聖

1833-05-19将棋手鑑上巻第04局

「久米可六」vs「天野留次郎(宗歩)」

f:id:shogifan:20160309071644g:plain

その1から数手後の局面。

後手天野宗歩にはねらいがあった。

f:id:shogifan:20160308051630j:plain

△3六歩▲3八飛△1六歩

f:id:shogifan:20160309071649g:plain

天野宗歩のねらい筋

△3六歩が巧妙なタラシ。▲3八飛は仕方ない受け。

△1六歩がねらいの一手。同歩だと、3七歩成、同飛、1八歩が痛い。

これが遠見の△7二角のねらい筋だった。

以下▲4五歩△同角▲3四歩・・・と先手は端を放置して攻めるが、宗歩は敵の手に乗りさばいていった。

その3につづく。