読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|丸山忠久vs郷田真隆2014-03-23NHK杯決勝|郷田、亡き師匠に捧げた優勝

03月対局 A~~郷田真隆.王将.王位.棋王.棋聖

2014年03月23日NHK杯決勝

丸山忠久九段vs郷田真隆九段  棋譜 

横歩取りで、先手が飛車を引かない青野流、後手は中原囲い。1図、いきなりぴょんと▲4五桂と桂馬を跳ねたのは驚きの開戦で、中原誠十六世名人同士が戦っているような図であった。だが、後手の次の一手にもっと驚いた。 

f:id:shogifan:20160226055151j:plain

△3七歩

2014-03-23bb.png

郷田、亡き師匠大友九段に捧げたNHK杯初優勝

 「九段」同士のNHK杯決勝は意外となかったようだ。

角取りなので、とりあえず8八角成として考えそうだが、△3七歩が驚愕の一手。 解説の森内竜王名人、井上九段も驚きの手だった。 3三桂不成と角を取るのもあったと思うが、▲3七同銀△8八角成▲同銀△5五角と進んだ。これに丸山九段困った。

以下▲7七角△7六飛▲8四飛△3七角成▲8一飛成△7五飛(3図)とすごい変化になったが、最後の△7五飛が大好手だった。 

2014-03-23c

4五の桂馬取りがうまく受からない。丸山九段まいった。7六の飛車をちょこんとひとつ引いたのは、空中戦法の流祖内藤国雄九段を思わせるような飛車使いだった。 その後も終始後手優勢で進行して郷田九段勝利となった。

 

意外や郷田さんはNHK杯初優勝だった。 アナウンサーに優勝カップのことを聞かれ、「亡くなった師匠の名前もここに入っていますんで、師弟で優勝できて本当にうれしいです。」と語っていたのが印象に残った。 「大友昇七段」の名が歴代優勝者にあったのは、昔から妙に記憶に残っていた。 毎年、決勝戦で映し出される歴代優勝者表で、前後に大山名人やA級八段の名前がずらると並ぶなか「大友昇七段」の名前が目を引いた。「大友昇」の名をここで覚えた。あの時代、七段での優勝は大変な快挙だったろう。 将棋連盟HPを調べると、大友昇九段はA級一期の棋士で、NHK杯優勝は輝く棋歴だった。 また、大友九段門下と言えば昔、兄弟子森雞二九段がNHK杯決勝に進出したが、皮肉にも師匠に次ぐ「七段」での優勝を前田祐司七段に与えてしまった。森九段は準優勝2回で、優勝はできなかった。 いつも淡々とした感じの郷田さんが亡き師匠のことを口にした。 この一戦は心中期するものがあったのだろう。郷田さんほどの名棋士でもNHK杯優勝は大変だった。 将棋界は厳しい。亡き師匠に捧げたように感じた、心に残る優勝だった。