読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|二上達也vs大山康晴1979-03-01A級順位戦プレーオフ1局|大山の妙技

1979-03-01第37期順位戦A級プレーオフ1回戦

二上達也九段」vs「大山康晴十五世名人」 棋譜

f:id:shogifan:20150527185641g:plain

大山康晴十五世名人の妙技が見られた棋譜から。 △四間飛車から石田流に組み換え、▲玉頭位取り。1図まで後手好調で、このあとが面白かった。  

f:id:shogifan:20160229082730j:plain

△3五と▲5五角△4五と▲6六角△3八飛成▲4六歩△4四と

f:id:shogifan:20150527185705g:plain

大山の妙技、縦横無尽に動く“と金”

△3五とと飛車の頭に引いたのにびっくりした。私などは4七と、と捨てて飛車を成り込みたくなるところ。 なるほど次に△4五とと寄れば完封である。▲5五角と動いたが、2図となって「四段と金」となった。 この「四段と金」はこのあとなんと6四まで横ばいした。そこで先手の銀と刺し違えて役目を終えたのであった。

大山十五世名人はと金が縦横無尽に動く妙技で快勝した。