読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|郷田真隆vs渡辺明2013-02-23棋王戦2局|玉逃げの好手

A05渡辺明.永世竜王 02月対局

2013年2月23日 第38期棋王戦五番勝負 第2局 

郷田真隆棋王 対 渡辺明竜王  棋譜

f:id:shogifan:20150412065104p:plain

 横歩取りから▲3六飛と引かず▲5八玉と上がる青野流を渡辺竜王が採用し、郷田棋王が△7四飛とぶつけて飛車交換になった将棋。先手、王手にどうするかという局面。  

f:id:shogifan:20160302222258j:plain

▲5九玉

f:id:shogifan:20150412065209p:plain

スッと下がる玉逃げの好手

▲5九玉と、スッと下がったのが面白い手。 通常は6九玉だ。だがそれだと9六角、同歩、4五桂で後手良しとなる。 その桂は6三角から取れるのだが、5八角、同金、4九飛の返し技があって馬が抜かれてしまうのだ。 渡辺さんは予定変更だったようだが、好手だった。▲5九玉で郷田棋王は手がなく困っている。

大山康晴先生の将棋で、危なく見えるところに逃げる「玉逃げの好手」がしばしばあるが、これもその類と思う。 玉逃げのハイライト局面は、いろいろ掘り出してみると面白そうだ。