読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|谷川浩司vs羽生善治1989-02-06NHK杯準決勝|珍しい体当たり

1989-02-06 第38回NHK杯戦準決勝第1局「谷川浩司名人」vs「羽生善治五段」 

1989-02-06a.png

△8八角成から7六飛と横歩を取る「相横歩取り」の将棋。 谷川名人が飛車交換を避けて、お互い馬を作る力戦だった。後手の馬取りになっているが、ただの逃げではなかった。 

f:id:shogifan:20160219033049j:plain

△5五馬

1989-02-06b.png

珍しい馬同士の体当たり

谷川名人にすれば、馬をどかして7七桂の予定だったろう。 そう思っていたらガツンと△5五馬!の強手。

1図の前の△8五飛が怪しげな手で、完全にねらっていたと思われる。 馬に馬をぶつけるとは、見たことがなくてびっくりした。そしてこの馬同士の体当たりは、羽生さんの馬に分があった。 同馬は同飛で、飛車成りが受けづらく、5七角も残ってひどい。

実戦は2図で▲7七桂だったが、△6五飛以下羽生勝ちとなった。