読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|大内延之vs花村元司1983-01-24王座戦|こんな攻めでいいのか 花村の奇策

1983-01-24 第31期王座戦二次予選

「大内延介八段」vs「花村元司九段」 棋譜 

1983-01-24a_2014012607295954e.png

大内先生が▲矢倉中飛車模様から▲4五歩と仕掛けた将棋。花村先生が早々から銀桂交換の駒損となり、「これでいいのか」と思わせた。

後手はどこから攻めてゆくか。 

f:id:shogifan:20160218011913j:plain

△7四歩▲同銀△8四桂  

1983-01-24b.png

こんな攻めでいいのか 花村の奇策

銀をずらして飛車先に桂を打つ。あまり見ない攻め。こんな攻めでいいのかと思わせた。

花村先生というと、たいがいこんな奇策で戦っていた。細い攻めをつなげる天才棋士だった。 この将棋も、ちょいちょいと攻め続けて後手勝ち。

花村元司九段の将棋は、序盤はいい加減で中終盤勝負という印象だった。 たしかこの将棋は、花村先生が将棋世界に自戦記を書いたと記憶している。