読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|中村修vs米長邦雄1985-01-21棋聖戦4局|米長の好判断

1985-01-21第45期棋聖戦五番勝負第4局「中村 修六段」vs「米長邦雄棋聖」 棋譜 

1985-01-21a.png

当時流行した矢倉▲2九飛戦法だが、図が通常と違うのは端歩が1五歩と伸びていないこと。 銀取りに桂を跳ねたところ。後手米長棋聖の好判断が見られた。 

f:id:shogifan:20160228223659j:plain

△5五歩▲3三桂成△同金寄

1985-01-21b.png

米長の好判断、銀は逃げず

△5五歩と銀を逃げず攻めに出た。よく2四銀と上がるのは、銀を逃げているというより端を守っているのだ。

本局は先手は1五歩と端を詰めていないので、1三桂成は怖くない。 かまわず攻めるのが好判断で、銀を取られても△同金寄の形がしっかりしている。 ここでもらった桂馬をのちに△6三桂と打つ形になり快勝した。