読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|中原誠vs米長邦雄1986-01-07十段戦7局|米長中原の十段戦14番は名勝負

1986-01-07第24期十段戦七番勝負第7局「中原 誠名人」vs「米長邦雄十段」 棋譜 

1986-01-07b.png

米長邦雄十段防衛の名局から。 △米長矢倉で△4四銀と繰り出し△5五歩と仕掛けた将棋。後手は迫りくる先手の駒をどうしのぐか。

f:id:shogifan:20160228222331j:plain

 △6一銀

1986-01-07a_201401021504510bb.png

決め手の一段銀 米長中原の十段戦14番は名勝負

△6一銀が決め手と言っていい正しい受けだった。 一段に打つ銀で、面白い感触だ。形よく5一銀打だと7二竜と飛車取りに寄られる。

2図以下▲7三竜△5五角▲同金△6四金▲同竜△5七銀と進んで、寄り形になった。 米長先生は中原先生とのリーターンマッチを制し、十段位を死守した。

前年の米長先生が十段を奪したシリーズとこのシリーズは、好局が多く非常に見ごたえがあった。 2年連続フルセットの14番勝負であり、将棋史に残る名勝負だった。