読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|加藤一二三vs大山康晴1979-12-23NHK杯|大山の気迫が加藤の…

1979/12/23第29回NHK杯戦3回戦第1局

加藤一二三王将」vs「大山康晴十五世名人」 

1979-12-23.png

大山康晴十五世名人と加藤一二三王将のNHK杯史に残る事が起きた一局。 △四間飛車に▲引き角の将棋だった。1図は先手の勝ちが目前。だが、ここから数手でまさかの出来事が起こった。 

f:id:shogifan:20160229081231j:plain

△6九銀▲8八金△同角成 まで後手の勝ち 

1979-12-23b.png

大山の気迫が加藤の大トン死をもたらす

NHKの将棋特番で、羽生善治名誉NHK杯が名勝負に選んだ将棋のひとつ。

△6九銀が秒読みのなか敵を焦らせる手。 ▲8八金が大悪手。△同角成。NHK杯史上に残る大トン死となってしまった。

番組のなかでふたりが言われていたことが面白かった。

加藤一二三九段は「大山先生は素早く同角成と瞬間に取られた」「“待った”は許さんぞという気迫にこもっていた」

羽生さんは「大山先生の金を取るのがまさに電光石火」「インパクトがあった」と語っていた。 私は加藤さんの大ポカと単純にかたずけたくない。

大山先生にすれば、「△6九銀に▲8八金」を頭に描き、完全にねらっていたのだ。大山先生の気迫が大トン死をもたらしたと思っている。

補足:加藤九段によると△6九銀には、6二飛成、4一玉、5二と、同飛、6一竜、5一飛、5二銀で先手勝ちだった。 ▲8八金には8七歩と読んでいて、「いったん逃げた」つもりだった。