読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|大山康晴vs升田幸三1975-12-18A級順位戦|大山のうなる名手

1975-12-18第30期順位戦A級04回戦「大山康晴棋聖」vs「升田幸三九段」 棋譜 

1975-12-18.png

大山康晴十五世名人の棋譜から。升田大山戦は、晩年はどちらかが振飛車だった。 本局は升田九段が△三間飛車から向い飛車に転じた。▲2三歩成と成り捨て、△同金と取ったところ。先手の3手ひと組の手順に私はうなった。 

f:id:shogifan:20160229082143j:plain

▲5五歩△同歩▲5六歩 

1975-12-18a_20131226225827d2f.png

大山のうなる名手 合わせの歩

1図で、角頭をねらって▲5五歩はアマチュアでも目が行くが、△同歩の次が”名人”の手だった。 アマなら5四歩や5八飛とかを考えるところだ。

▲5六歩! なんとも渋い合わせの歩。 思わず「うーむ」とうなった手だ。これは同歩なら同金で圧迫しようというもの。これを見て升田先生も長考に沈んだという。名手であった。

2図で即大山優勢というわけではないが、名人の妙技に感動したハイライト局面である。

2図以下△2五歩▲5五歩 △4三銀▲2五桂△3四金 ▲2六歩と進行。

形勢不明だが、このあと升田先生に疑問手があり、大山先生圧勝に終わった。