読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|福崎文吾vs米長邦雄1986-12-18十段戦6局|福崎が十段獲得

1986-12-18 第25期十段戦七番勝負第6局「福崎文吾七段」vs「米長邦雄十段」 

1986-12-18a_20131226233255cd0.png

福崎文吾七段がタイトル「十段」を獲得した棋譜から。 得意の▲振飛車穴熊の将棋で、最初向い飛車だったのが、気が付くと飛車は3筋にいて斬っていった。 先手からの寄せだが、1図から3手目が強烈だった。

 f:id:shogifan:20160218212831j:plain

▲3五歩△2三銀▲1三銀 

1986-12-18b.png

福崎が十段獲得

本局のハイライトは、穴熊らしい圧巻の寄せだった。 銀をバックさせて銀を打ち込むのが強烈な寄せ。 2図からは△同銀▲同角成△同玉▲2五桂△2四玉▲3三銀△3五玉▲3六歩以下、後手玉を受けなしにして終局となった。 このシリーズは福崎七段の妖刀が冴えわたり、本局の勝利でビッグタイトル十段獲得となった。

福崎さんは、調子が良いと爆発的な力を発揮した。振飛車穴熊はその原動力となった。