読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|渡辺明vs丸山忠久2011-12-01竜王戦5局|渡辺竜王8連覇

2011年12月1、2日 第24期竜王戦七番勝負 第5局 

渡辺明竜王 対 丸山忠久九段  棋譜 

2011-12-01a.png

渡辺明竜王が8連覇を達成した一局だが、手づくりのうまさに感心させられた。 △一手損角換りに対し、先手が▲4六銀と繰り出して仕掛けた。 △6五銀と打ったところで、先手の次の一手は含みの多い手がでた。

 

f:id:shogifan:20160302222356j:plain

▲4六角

2011-12-01b.png

含みの多い角打ち 渡辺竜王8連覇

▲4六角は一見意味がわからなかった。 どうもこれは相手の対応によって端攻めや2四歩の合わせで攻めようという、含みが多い手らしい。 全くうまく手をつくるものだ。

実戦は2図以下、△7三角▲7七銀△4五歩▲5五角△3三歩▲2四歩と進み、以下は角を犠牲に2筋を突破して先手優勢となった。 勝因になったといえる思い切った角打ちだった。

渡辺さんは内容でもスコアでも、挑戦者を圧倒した。これで竜王8連覇という驚異的な強さである。 竜王は名人と並ぶ将棋界の最高タイトルであるが、渡辺明という怪物が現れて連覇を続け、ますます注目度が高くなった。