読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|渡辺明vs佐藤康光2007-11-28竜王戦5局|終盤の勝負手

A08佐藤康光.永世棋聖.竜王.名人 11月対局

2007年11月28日~29日第20期竜王戦七番勝負第5局

渡辺明竜王佐藤康光二冠 棋譜 

2007-11-28a_20131227082646cad.png

佐藤康光二冠が挑戦した竜王戦から。 矢倉▲4六銀から▲2五歩と突いた将棋で、相穴熊になった。 1図は△9七歩の王手だから、次の一手は限られている。

 f:id:shogifan:20160218190817j:plain

▲8七玉 

2007-11-28b.png

終盤の勝負手 わざと王手がかかるほうへ逃げる

平凡な8九玉などだと3七角成で、左右からやられると見たようだ。 ▲8七玉が大胆な勝負手だった。△8六角成の王手が幸便に見えて考えずらい手だ。

2図以下、△8六角成▲8八玉△9八歩成▲7九玉△5九馬▲4八銀△4九馬▲8五竜とすすんだ。 わざと△8六角成とさせて挟撃を緩和した。 ▲8五竜となって難しいが、先手佐藤玉は捕まると見られていた。

ところがこのあと渡辺竜王に失着があって、先手入玉を果たし勝ちとなった。 ▲8七玉がうまい勝負手で、逆転劇を呼ぶ第一歩だったように思う。