読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|福崎文吾vs高橋道雄1987-11-25十段戦4局|最後の十段戦、高橋が十段となり二冠に

11月対局 B{たちつてと}棋士

1987-11-25 第26期十段戦七番勝負第4局

「福崎文吾十段」vs「高橋道雄棋王」 

1987-11-25.png

高橋道雄十段獲得の一局。 矢倉戦で▲早囲いに△6四銀戦法。後手が中央から動いてきたのを先手が受けず、激しくなった。 後手のパンチが3手ひと組でもろに炸裂する。

 f:id:shogifan:20160229235954j:plain

△6六銀▲同金△5七角

1987-11-25a_201312272125173db.png

最後の十段戦、高橋が十段となり二冠に

銀を捨てて両取り。まともにパンチがヒットした。 図以下、▲6一角△6六角成▲7七銀打△5八飛成・・・と進むが、こうなっては後手優勢だったようだ。 快勝で高橋先生が十段を獲得した。十段・棋王の二冠王にもなった。

タイトルの「十段」は、前身の「九段」から歴史は古くビックタイトルであった。 だが、さらに大きい「竜王」へと発展解消することになった。これが最後の十段タイトル戦だった。 高橋さんが最後の十段で、この一期のみ保持ということになった。

高橋道雄九段は、五段のとき王位を獲得し、早くから頭角をあらわした。順位戦も順調にA級に上った。 各棋戦本戦で活躍し、タイトル獲得は5回だった。昭和の末期のタイトル戦線で活躍した大棋士であった。 全盛期を過ぎてからもA級在位は多く、各棋戦でも本戦出場は多い。たゆまぬ努力ができる人なのだろう。