読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|大山康晴vs勝浦修1981-10-23王座戦2局|勝浦カミソリ流の寄せ

10月対局 B{かきくけこ}棋士

 1981-10-23第29回王座戦三番勝負第2局

大山康晴王座・王将」vs「勝浦 修八段」

1981-10-23a_201401010105549c1.png

 勝浦修八段が挑戦した王座戦の会心譜から。 ▲三間飛車に、後手は銀冠から腰掛銀にする趣向。 大駒交換のあと、後手勝浦八段のカミソリ流の寄せが見られた。 

f:id:shogifan:20160229225105j:plain

△1五歩▲同歩△1六歩▲同香△1四歩▲同歩△同銀

1981-10-23b.png

勝浦カミソリ流の寄せ 銀で行く端攻め

端に目をつけるのが鋭い寄せ。 端歩を合わせて、銀で行くのが強硬手段だ。3七桂の形だから先手はきつい。 2図以下▲7五角に△1五歩と打って端から先手玉を寄せきった。

カミソリ流・勝浦修先生はA級や各棋戦本戦で活躍した。 本局は王座挑戦の晴れ舞台だった。(当時王座はタイトル戦でなく優勝棋戦)