読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|羽生善治vs中村太地2013-10-21王座戦5局|羽生が同一タイトル21期の新記録

A01羽生善治.永世六冠.七冠独占 10月対局

2013年10月21日 第61期王座戦五番勝負 第5局

羽生善治王座 対 中村太地六段  棋譜 

2013-10-21a.png

横歩取りで、先手が▲5六飛の形から攻める将棋だった。 ▲2二歩に△1三桂跳ね。

ここから先手の攻めがうまかった。 

f:id:shogifan:20160219040255j:plain

▲2六桂△2三銀▲3四歩△2五歩▲7三銀不成

2013-10-21b.png 

羽生が王座防衛 王座戦史上の大激戦 同一タイトル21期の新記録

▲2六桂から▲3四歩と拠点をつくる。 根元の桂馬を取りに来たところで、▲7三銀成らず!  なるほど、1図で7三銀不成はわれらでもちらつく手だが、すぐやっても攻めにならない。 羽生さんらしい組み合わせの妙だった。 2図以下△同角▲6三飛成と進んでみると、3三銀と7三竜と7二竜が見合いで、後手の受けが難しい。 その後、中村六段らしい粘りの手がでるが、うまく寄せて先手羽生勝ち。王座防衛となった。

大激戦続きの王座タイトル戦だった。 王座戦の長い歴史のなかでも、屈指の内容の濃いタイトル戦だったのではないか。

中村六段は“新王座誕生”を思わせるような内容で、「中村太地恐るべし」を印象付けた。 近いうちに再びタイトル戦に帰ってくるだろう。

羽生さんは防衛して王座を21期に更新した。 同一タイトル21期は、大山康晴先生の王将20期を越える新記録となった。