読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|中原誠vs塚田泰明1987-10-21王座戦5局|塚田が王座獲得

第35期王座戦五番勝負第5局

「中原 誠王座」vs「塚田泰明七段」 

1987-10-21a_201401011053209a8.png

塚田泰明七段が王座を獲得した一局で、うまい攻めを見た。 相掛かりで共に浮き飛車の将棋だったが、見たことのない乱戦になった。 1図は7四の飛車で7六の角を取ったところ。飛車角交換をして後手どうするのかと思った。 

f:id:shogifan:20160226060215j:plain

△6四角▲8八銀△9六香▲4七歩△4五歩▲3七銀△4四桂

1987-10-21b.png

塚田が王座獲得 7人のタイトル保持者が出現

じっと△6四角と角を据えた。△4五歩と突いて△4四桂と打つのが塚田さんの読み筋だった。 なるほど、2図で2六飛だと5六歩、同歩、3五角がある。 実戦は、2図から▲6六飛△5五角打▲6五飛△3七角成の二枚替えの展開になって、後手優勢となった。 その後、完璧に寄せて塚田さんが勝った。3-2で王座を獲得した。

塚田さんはいわゆる55年組であり、「塚田スペシャル」を駆使して22連勝をしたり、A級にスピード昇段したりと、大変目立って大活躍した。 この王座獲得も、中原先生相手だったが不思議な気はしなかった。

また、この頃の将棋界はまさに「戦国時代」であった。本局の塚田新王座誕生でそれがピークに達した。 7つのタイトルを7人が保持する状態になった。 中原誠名人、福崎文吾十段、中村修王将、谷川浩司王位、高橋道雄棋王、桐山清澄棋聖、塚田泰明王座、という顔ぶれだった。 塚田泰明九段のタイトル獲得は、この王座が唯一であった。