読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|渡辺明vs森内俊之2013‐10‐17竜王戦第1局|森内の気合い勝ち

2013年10月17日~18日第26期竜王戦七番勝負第1局

渡辺明竜王 対 森内俊之名人 棋譜 

2013-10-17a_201401011107165f1.png

森内俊之名人が挑戦する竜王戦初戦で、棋風がよく出た一局だった。 矢倉戦で△5五歩交換戦法だったが、序中盤が難しい将棋になった。 1図は△5四金と前進してきたところだが、ここ数手が印象的だった。

f:id:shogifan:20160219043945j:plain

 ▲7四銀△4五金▲4六歩 

2013-10-17b.png

森内の気合い勝ち

▲7四銀は駒の連携が悪くなるので思い切った手だった。 だが△6五金を防いで、「△4五金と出なさい」と言っているかのようだ。 そして2図、▲4六歩と打って「△4四角と出てくるならどうぞ」と居直る。このあたりが森内名人らしかった。

2図で△4四角なら難解だったようだが、森内名人の気合いが渡辺竜王を退けてしまったようだ。

実戦は△4四金と引いて、▲6三銀不成△5三角▲3七桂△7三桂▲4五歩と進み、後手の金が詰んでしまった。 金を取らせても△8五桂で攻めようという渡辺竜王の読みだったが、さすがに金を取らせるのは大きかったようだ。 そのあとも渡辺竜王が攻め続けるが、先手玉は捕まらず森内名人の勝ちとなった。