読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|勝浦修vs大山康晴1981-10-13王座戦1局|大山の地味な動き

1981-10-13第29回王座戦三番勝負第1局

「勝浦 修八段」vs「大山康晴王座・王将」 

1981-10-13a_20140101005347bd9.png

大山康晴王座の不利の局面からの動きが印象に残る一局。 △四間飛車に急戦▲4六銀の将棋。1図は、さばけている先手が有利と思う。後手は飛車と銀の位置が悪く、どう動くかというところ。 

f:id:shogifan:20160229082820j:plain

△5四角▲3一竜△4五銀

1981-10-13b.png

大山の地味な動き

単に銀を出ると浮いていて狙われる。 △5四角と打ってその効きに銀を出たのは、なるほどという手順だった。 これで後手が良くなったわけでないが、先手に少し圧力がかかった気がする。 じんわりとした地味な動きだが感心させられた。

2図からは長期戦になって大山王座の勝ち。

大山康晴十五世名人の将棋は、苦戦でも長期戦に持ち込んで結局勝ってしまうといわれた。 本局はその典型であった。