読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|中田宏樹vs橋本崇載2013‐10‐13NHK杯|中田の手順に橋本じぇじぇじぇ

B{なにぬねの}棋士 10月対局

2013年10月13日第63回NHK杯2回戦第10局 

中田宏樹八段vs橋本崇載八段 棋譜 

2013-10-13a_20140101110713bce.png

中田宏樹八段が最後でプロの芸を見せた一局。 △升田式石田流の将棋。▲5四桂△7六角▲5七飛(3七から)△8七角成で1図に至る。△7六角がうまそうな手で、1図で先手受けにくいなあと思っていたら・・・。

f:id:shogifan:20160301010515j:plain

 ▲7一角△同玉▲6二桂成△同玉▲5二と△同金▲5三金△同金▲5一竜 まで先手の勝ち 

2013-10-13b.png

中田のビックリ詰み手順に橋本じぇじぇじぇ

1図に至る▲5七飛は3七からまわってきたもの。これが完全にねらっていた手だった。 ▲7一角からまさかの詰みだった。 ▲5二とと捨てて、▲5三金!が詰めの妙手順。最後は気持ちのいい▲5一竜!で詰み。 橋本八段も、解説の松尾七段も、全国の視聴者もビックリの詰み手順だった。

対局前、朝ドラ「あまちゃん」になぞらえて「じぇじぇじぇ」とあいさつして笑わせた橋本八段だったが、 最後は本当に「じぇじぇじぇ」となってしまった。 (補足:「じぇじぇじぇ」は驚きを表すの言葉なのに、橋本八段の使い方は変だった)

中田宏樹八段は王位に挑戦したこともある実力者だが、プロの芸の高さを見せた詰み手順だった。 秒読みであったことを考えるとますます驚異である。