読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|内藤國雄vs高橋道雄1983-09-26王位戦6局|高橋、五段で王位獲得の新記録

1983-09-26 24期王位戦七番勝負第6局

「内藤國雄王位」vs「高橋道雄五段」 

1983-09-26a.png

高橋道雄五段が王位を獲得した一局で、超積極的だったのが想い出に残る。 相掛かり腰掛け銀から持久戦となり、先後同形になる珍しい展開になった。1図は▲9八香とあがって同形が崩れたところだが、三手で本格的な戦いがはじまった。 

f:id:shogifan:20160229235954j:plain

△1三角▲1五歩△4五歩

1983-09-26b.png

高橋道雄、五段で王位獲得の新記録

1二香なら同形になるが、△1三角は積極的な動き。 高橋先生はどっしり構えたイメージが強いが、決して受け将棋でなく攻め将棋だ。 この攻めの成否は難しいが、功を奏して勝ち、王位を獲得した。

高橋道雄先生が五段で王位を獲得したのは当時衝撃だった。五段でタイトル獲得は当時新記録だった。谷川浩司新名人誕生が少なからず影響したように思う。 当時我々将棋ファンは、新時代の到来を感じたのではなかったか。