読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|塚田正夫vs升田幸三1948-09-22塚田升田五番4局|その2 駅馬車定跡のクライマックス

A09升田幸三.四代名人.史上初三冠 09月対局

1948/09/22朝日新聞塚田・升田五番勝負第4局

塚田正夫名人」vs「升田幸三八段」 

1948-09-22c.png

升田幸三八段が生んだ有名な「駅馬車定跡」はここからが“クライマックス”。 さかのぼって△8八角成から1図までは、その“序章”といえる。

先後同形で後手番だが、ここからの攻めが見事だった。

f:id:shogifan:20160218002742j:plain

 △8八歩▲同 金△6四歩▲同 歩△同 金▲7八金△6五歩▲7七銀△5五金

 1948-09-22d.png 

駅馬車定跡のクライマックス

△8八歩の利かしが好手。そうしておいて△6四歩が厳しい合わせで、後手が中央を制す。▲7八金は辛抱だが、△5五金と、銀でなく金をぶつけるのが好手。銀だと4五銀とかわされて失敗する。2図△5五金となっては、後手の駒の勢いが勝るのは明らかである。

2図から▲4九歩!△4六歩▲4八金△6六歩▲6八歩!と先手はすごい辛抱だが、△6五桂で後手優勢となり、以下も好手連発で升田勝ち。

本局は企画された五番勝負だったがこの第四局、升田幸三先生は名人相手に新定跡を生んで完勝した。 だが次の第五局は塚田名人が勝って面目を保った。