読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|大山康晴vs森けい二順位戦A級1982-09-22|大山マジックでサヨナラ勝ち

1982-09-22第41期順位戦A級02回戦

大山康晴王将」vs「森けい二棋聖」 

1982-09-22a_201401021241139a9.png

大山康晴王将がずっと苦戦で最後に逆転した一局。 △中飛車で▲銀冠の将棋。千日手模様で、先手が打開したが後手がうまくさばいて優勢になった。 1図は先手の負けと思われたが。 

f:id:shogifan:20160215090624j:plain

▲9六銀△7八成桂▲9七玉△8九成桂▲8五桂 まで先手の勝ち

1982-09-22b.png

大山マジックでサヨナラ勝ち

▲9六銀と退路をつくり、△7八成桂に▲9七玉と逃げる。 そこで詰めろの△8九成桂が大悪手。大山王将が▲8五桂と跳ねると森棋聖投了となった。 投了図▲8五桂は馬を利かした詰めろ逃れの詰めろで、後手に有効な手は無い。

まるで、勝ち目前の大失投でサヨナラホームランのような結末だった。△8九成桂では、8八成桂と寄っていれば、9八金で詰むから後手勝ちだった。 大山王将はずっと以前からこの「サヨナラ勝ち」を想定して、投了図に誘導したと思われる。△8九成桂はついつい指したくなる手だ。

後年羽生さんの逆転勝ちが“羽生マジック”と言われるが、“大山マジック”も数々あった。本局はそのひとつと言えよう。 確か本局は、「将棋世界」の河口さんの観戦記にあったと思う。大逆転負けの森棋聖は投了後「待っただよう」と悔しがっていたという記事が記憶にある。