読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|羽生善治vs中村太地2013-09-18王座戦2局|203手の大激戦、回遊する後手玉を羽生が捕まえた

2013年9月18日 第61期王座戦五番勝負 第2局

羽生善治王座 対 中村太地六段 棋譜 

2013-09-18a.png 

 羽生善治王座は細い攻めをつなげる天才だが、さすがに本局はしんどかったはずだ。 相矢倉模様から後手雁木にした将棋で、後手玉が入玉するか否かの大激戦になった。 先手の次の手は、絶対の手だった。

 f:id:shogifan:20160219040255j:plain

▲4九香 

2013-09-18b.png

203手の大激戦、回遊する後手玉を羽生が捕まえた

▲4九香が盤上この一手。同銀成なら6七銀だ。実戦は2図から△4八歩▲5九金と進み、後手玉を押し戻した。 その後も容易ではなかったが、羽生さんが辛くも勝利した。 ものすごい激戦だった。

中村玉は盤上右辺を大きく回遊した。中村六段が入玉して勝ちということもあり得た。 羽生さんにしてみれば、本局に負けると2連敗で防衛が難しくなるので懸命の戦いであった。