読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|広瀬章人vs深浦康市2010-09-02王位戦6局指直し|穴熊らしい好手順 広瀬六段が王位獲得

2010-09-02第51期王位戦七番勝負第6局(指し直し局)

広瀬章人六段‐深浦康市王位 棋譜 

2010-09-02a.png

広瀬章人六段が王位を獲得した一局で、混戦になるのだがその前の駒さばきはきれいだった。 ▲四間飛車穴熊△銀冠で、△4五歩と角交換を仕掛けた将棋。 1図は4四の銀を△4五銀と前進した局面。先手広瀬六段は、穴熊らしいさばきを見せた。

 f:id:shogifan:20160301125407j:plain

▲5六銀△同銀▲同歩△6六角▲8五桂

2010-09-02b.png

穴熊らしい好手順 広瀬六段が王位獲得

7一角と打つ筋は穴熊らしくないようだ。銀をぶつけて、フワッと▲8五桂が気持ちいい手。なるほど、こう指すものかという好手順だった。飛車が横にスッと利いている。

2図以下、△9九角成と香車を取らすが、▲7四歩が味のいい突き出しで、そのあと先手優勢となった。

広瀬快勝かという流れだったが、あとのない深浦王位が粘って大混戦となった。終盤深浦の勝ちまでもあったようだが、泥仕合を広瀬が制して勝ち、王位獲得なった。 振飛車穴熊を新感覚で駆使する若手棋士が、大きなタイトルを獲得した。