読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|青野照市vs中原誠1989-09-01王座戦1局|青野棒銀快勝

1989-09-01第37期王座戦五番勝負第1局「青野照市八段」vs「中原 誠王座」 

1989-09-01a.png

青野照市八段が挑戦した王座タイトル戦で、二枚の角が自陣と敵陣でよく活躍した一局。 角換り棒銀の升田流▲3八角から銀交換になった将棋。 1図は△4四金と角取りに出たところ。先手は狙われている角をうまくさばいた。

f:id:shogifan:20160229215701j:plain

 ▲8八角△5五銀▲5六角

f:id:shogifan:20160229221323p:plain

角打ちから角引き 青野棒銀快勝

▲8八角と打って△5五銀と打たせ、▲5六角(2図)と銀の利きに引くのが妙手順。単に▲5六角と引くと△7六歩と取り込まれてまずいのだろう。▲8八角は自陣の飛車打ちを防ぐ手にもなっている。 2図の▲5六角は面白い感触だ。

この角は8三に成って馬に出世してよく働いた。青野八段の研究が実り、棒銀快勝となった一局。 青野照市先生がタイトル戦に登場したのは中原王座に挑戦した1回であった。