読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|羽生善治vs大山康晴1989-08-25竜王戦準決勝|その2 対四間飛車棒銀の名局 中盤での妙手

A01羽生善治.永世六冠.七冠独占 08月対局

1989-08-25第02期竜王戦本戦トーナメント準決勝「羽生善治五段」vs「大山康晴十五世名人」 

1989-08-25a.png

 羽生善治五段と大山十五世名人の大一番は、△四間飛車棒銀の定跡形の好勝負となった。 1図△5四銀打とがっちり打って、大山名人は充分と見ていただろう。 先手さばきづらそうだが、好手があった。

 f:id:shogifan:20160219033049j:plain

▲1三と△5五銀▲4五飛△4四銀▲2五飛

 1989-08-25b.png

四間飛車棒銀の名局 羽生の中盤での妙手

1図の△5四銀打ちは大山流の手堅い銀打ち。2七歩成の楽しみがあるので大山先生は優勢を確信しておられたのではないか。 ところが▲1三とが気が付きにくい妙手。2七歩成なら、6六香の好手があり、これは後手困る。6六香を見せて5五銀を催促しているのだった。

やむを得ぬ△5五銀に2図▲2五飛までとなってみると、▲1三とは飛車の通路を開ける手にもなっている。その後飛車が成って先手優勢となった。

本局は大山先生らしい手強い手に対して、羽生さんはそれを上回る好手を指して、棒銀のお手本のような名局となった。