読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|羽生善治vs大山康晴1989-08-25竜王戦準決勝|その3 終盤の妙手 羽生が完璧に指した対四間飛車棒銀

1989-08-25第02期竜王戦本戦トーナメント準決勝

羽生善治五段」vs「大山康晴十五世名人」 

1989-08-25c.png

 羽生善治五段はこの大一番、終盤で発見し難い妙手を指して大山十五世名人を破った。 1図は7五の桂馬を▲8三桂成△同銀と進行したところ。寄せが見えにくいが、先手に思わぬ好手があった。 

f:id:shogifan:20160219033049j:plain

▲6六銀

1989-08-25d.png

終盤の妙手 羽生が完璧に指した対四間飛車棒銀

1図の少し前、△7四角と打ったのが大山流の手強い防手だった。8三香成は同角が竜に当たる。持ち駒の金歩も使いづらく、攻め駒不足に見えて難しいところ。

グイッと▲6六銀と出て援軍を送ったのが妙手だった。受けに利いている角を取ろうというもので、これで後手は困った。

2図以下、△5三銀▲7五銀△7二銀▲7四銀△同歩▲8三香成△同銀▲8四銀△7二銀打▲7三金で投了となった。最後、▲8四銀から▲7三金がかっこいい決め手で、名局を締めくくった。

並の棋士なら、大山流に屈していただろう。羽生さんは幾たびも難関をクリアして勝利した。指しこなすのが難しい対四間飛車棒銀だが、羽生さんは完璧な指しまわしだった。