読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|木村義雄vs金易二郎1930-08-25日本選手権争奪戦|△2三歩型横歩取り 取るのに挑んだ木村義雄

A10木村義雄.十四世名人.実力制初 08月対局

1930/08/25第2回日本選手権争奪戦(讀賣新聞)*「木村義雄八段」vs「金易二郎八段」 

1930-08-25a_20140101005305506.png

木村義雄八段が常識に挑戦した昭和5年の一局から。 横歩取りだが、後手が1図△2三歩と打つ△2三歩型横歩取り

1図は今ではみんなこの一手。

f:id:shogifan:20160217233230j:plain

  

 △2三歩▲3四飛△8八角成▲同銀△2五角▲3二飛成△同銀▲3八銀△3三銀▲7七銀△3四角▲6八王△2四歩▲3六歩△2三角▲3七桂△1四角▲3五歩△2五歩▲7九金

1930-08-25b.png

△2三歩型横歩取り 取るのに挑んだ木村義雄

昭和初期のこの頃までは「横歩3年のわずらい」といわれて、1図で横歩を取るのは先手面白くないというのが常識だったらしい。

今ならみんな▲3四飛と取るのを、みんな▲2六飛と引いていたようだ。 その常識に挑戦したのが木村義雄十四世名人だった。△2五角に▲3二飛成の飛車斬りは当時すでに定跡だった。この定跡は先手不利と見られていたのを、木村名人は先手指せると見たのだろう。 以下2図の進行となり、▲6九金は違和感あるが、角道が通った時の6九飛の詰みを防いだ手。

先手は2図のあと、後手の角を奪い二枚角で攻める展開となり快勝した。 本局のあと徐々に常識は変わったのだろう。

常識は逆転し、1図の△2三歩と打つのは▲3四飛と取られて後手面白くないと見られるようになったようだ。