読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|木村義雄vs丸田祐三1948-08-12A級順位戦|木村定跡猛爆の一局

 1948-08-12~18第03期順位戦A級「木村義雄前名人」vs「丸田祐三八段」

1948-08-12a.png

角換り腰掛銀で、双方玉を囲い合う先後同型から▲7五歩の突き捨てを入れて仕掛ける「木村定跡」の将棋。 △3六歩▲4七金のあと5四の銀を△4三銀と引いたところ。 先手は巧みに攻めを継続する。

f:id:shogifan:20160217233410j:plain

  

▲3三歩成△同桂▲3六金

1948-08-12b.png

木村定跡猛爆の一局

「木村定跡」を確立したのは木村義雄名人の大きな功績だ。さまざまな変化も含め、先手必勝として知られている。1図からさかのぼり、△3六歩でよく定跡書で示されているのは2四歩と突き、3三桂成、同桂、2四飛、2三金、1一角以下先手勝ちというもの。

1図では▲3三歩成から▲3六金と歩を取るのが落ち着いた手順だった。▲3六金では1三角が見えるが、それだと歩が足らず攻め続けるのが難しい。

なるほど、2図で2五桂なら同金で1四の香車を取れる。2図以下、△1六歩と伸ばしたが、▲1三角△1二王▲3三桂成△同銀▲2五桂△2二銀▲3三歩△4二金▲2四歩△1七歩成▲2二角成△同王▲2三歩成△同王▲1三桂成△同王▲2一飛成まで83手で先手勝ち。

「木村定跡」の破壊力が猛爆した将棋。