読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|森安秀光vs中原誠1983-08-04棋聖戦5局|だるま流の・・・  森安執念の棋聖獲得

1983/08/04第42期棋聖戦五番勝負第5局*「森安秀光八段」vs「中原 誠十段」 

1983-08-04a.png

四間飛車居飛車穴熊の戦い。 図は△9五歩と突っかけてきたところ。 先手森安秀光陣はバラバラで大苦戦だが、ここから頑張る。

 f:id:shogifan:20160218204127j:plain

▲3八銀△9六歩▲9八歩△8六飛▲8八歩

1983-08-04b.png

だるま流の物すごい辛抱 森安執念の棋聖獲得

じっと▲3八銀と引いて駒の連絡を良くして、後手の端歩取り込みには歩を打ってあやまる。飛車走りにも歩を打ってあやまる。9八歩と8八歩は物すごく辛い形。後手大優勢だろう。

森安さんというと、振飛車のさばきが見事であった反面、辛抱強い手や地味な駒打ちが印象に残る。この辛抱が実り、後手に攻め急ぎがでて徐々に盛り返し、先手勝ちとなった。

森安秀光九段は四間飛車を得意とし、タイトル戦には多々登場した。この中原戦でついにタイトル獲得なった。棋聖獲得がとても嬉しかったのだろう。大いに喜んだことが、『将棋世界』に掲載された。

森安さんの全盛期は、米長邦雄さんの全盛期とモロにぶつかってしまった。森安―米長のタイトル戦は全て米長勝ちとなった。この棋聖も、次期には米長さんに奪われてしまう。この棋聖獲得が、森安さんにとって唯一のタイトル獲得だった。