読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|塚田泰明vs土佐浩司1986-07-27NHK杯|塚田スペシャル

1986/07/27第36回NHK杯戦1回戦第17局*「塚田泰明六段」vs「土佐浩司五段」棋譜

f:id:shogifan:20150529064432p:plain

塚田泰明さんが一世を風靡した戦法を振り返る。 相掛かりでの「塚田スペシャル」。 1図は△6四歩と突いた局面だったが。  

f:id:shogifan:20160226060215j:plain

▲2四歩△同歩▲同飛△1四歩▲7六歩△8六歩▲同歩△同飛▲1六歩△6三銀▲1五歩△2三歩▲2五飛△1五歩▲1四歩△8二飛▲1五飛△3四歩▲8七歩△1二歩 

f:id:shogifan:20150529064446p:plain

塚田スペシャ

▲2四歩と合わせて6四の歩を取りに行っても△1四歩で受かるというのが常識。それを承知でやって行って、1筋の歩をぶつけて、しまいには端を詰めるのがねらいだった。2図となっては大いに先手有利となった。

この将棋は当時テレビで見ていて驚いた。あれよあれよという間に後手は端が詰められてしまった。

この戦法は中村修さんが創始者らしいが、連用した塚田さんが勝ちまくったため「塚田スペシャル」の名になったようだ。また、将棋の戦法に“スペシャル”とは、当時斬新であった。こういう命名の最初だったかもしれない。

塚田さんはこの塚田スペシャルが原動力となって、22連勝、A級入り、王座獲得などを達成した。