読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|大山康晴vs山田道美1967-07-24棋聖戦4局|反撃の強手 山田が打倒大山を果たし棋聖獲得

1967-07-24第10期棋聖戦五番勝負第4局*「大山康晴棋聖」vs「山田道美八段」 

1967-07-24a_20140104203456d49.png

中飛車に後手は△5三銀左から△7二飛と寄って7筋を交換した。 図は先手の大山先生が▲4六銀と立って、玉頭攻めに出たところ。山田道美八段が強い攻めを見せた。

 f:id:shogifan:20160218005533j:plain

△4四歩▲同 歩△1三角▲4八飛△4五歩

 1967-07-24b.png

反撃の強手 山田が打倒大山を果たし棋聖獲得

2四銀のような手は指さなかった。△4四歩から△1三角が反撃の強硬手段。 2図の△4五歩は継続の強手だが駒を呼びこむ危険もある。

2図以下、▲同 銀△5七角成▲3八飛△4六馬▲3七桂△5三銀と進行。 玉頭戦で優位に立った後手山田が勝った。△4四歩から△1三角の反撃は功を奏した。山田八段は初タイトルとなる棋聖を獲得した。

山田道美九段は打倒大山を公言したという。本局は見事な中飛車破りで3-1でタイトルを奪取し、打倒大山を果たした。 その後36歳で病死されたが、生きておられれば将棋史が変わっていたかもしれない。