読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|升田幸三vs中原誠1970-07-24A級順位戦|ひねり飛車での天才升田の発想

A09升田幸三.四代名人.史上初三冠 07月対局

  1970/07/24第25期順位戦A級*

升田幸三九段」vs「中原 誠八段」

1970-07-24a.png

 升田幸三九段得意のひねり飛車。 図は△8三金と棒金をめざしたところ。

先手升田九段の次の手には驚嘆した。

f:id:shogifan:20160218003229j:plain

 ▲7七飛

1970-07-24b.png

天才升田の発想

昔この▲7七飛を升田幸三先生の本で見たとき、ものすごく驚いた。 これはまさに天才の発想というものだ。 瞬間ひどい愚形だが、中原得意の棒金の圧力をひらりとかわした。

2図で4五歩なら構わず7六銀と上がり、6六角、6七飛とさばいて歩損ながら先手良し、という読み。

実戦はこのあと▲7六銀から▲9七桂の升田先生得意の「端桂跳ね」がでて、終始うまく指して先手快勝となった。

こんな手が出てくるから、升田将棋は楽しい。 ▲7七飛は、もっと他にも升田将棋を見てみたいと思うきっかけになった妙手だった。