読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|永瀬拓矢vs金井恒太2013-7-19竜王戦決勝トーナメント|永瀬が飛車を・・・

B{なにぬねの}棋士 07月対局

 2013年7月19日 第26期竜王戦決勝トーナメント 

永瀬拓矢六段 対 金井恒太五段 棋譜 

f:id:shogifan:20150605082351g:plain

 永瀬拓矢六段、竜王戦決勝トーナメントの大一番での会心譜から。横歩取りで▲青野流3七桂△4二玉・5一金型の将棋。1図▲8七金と歩を取りつつ飛車取りとした局面で・・・。 

f:id:shogifan:20160301011303j:plain

△7五歩

f:id:shogifan:20150605082439g:plain

永瀬が飛車をどうぞ 56手で快勝

普通は7五飛とか3六飛を考えるところ。

永瀬六段が「飛車をどうぞ」と言ってるかのような△7五歩が意表の一手だった。

2図以下、▲7六金△同歩▲7四歩△7七歩成▲7三歩成△8七飛と進んだ。最後の△8七飛が好打で、と金を寄せていく寄せが受け難い。

先手は2筋が壁になっているのが痛い。いくばくもなく56手の短手数で後手勝ちとなった。

金井恒太五段の▲7六金は素直すぎで永瀬六段の読み筋どおりとなってしまったようだ。▲7四歩なら難しかったらしい。

ともあれ永瀬六段の△7五歩があっぱれであった。