読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋|羽生善治vs渡辺明2013-07-17棋聖戦4局|羽生が史上初の三冠対決を制す

2013年7月17日第84期棋聖戦五番勝負第4局 羽生善治棋聖 対 渡辺明竜王 棋譜

2013-07-17a.png

横歩取りで、羽生さんが△5二玉型から早々に△9五歩と伸ばす趣向を見せた。 だが攻めたのは1筋からで、うまく攻めをつないで優勢となった。 ▲5五角と歩を取って出たところで、後手にうまい一手があって終局となった。

  

△5四飛 

2013-07-17b_20140105225413216.png

羽生が史上初の三冠対決を制す

後手勝勢のようだが、終局にはまだもうしばらくと思っていた。5五同角成、同飛は王手桂取りがいや。開き王手があるからいやらしい局面だった。

横からビュンと△5四飛。なるほどうまい手があったもの。これは決め手で、よく見ると先手は処置なし。先手投了となった。

羽生さんは3-1で棋聖を防衛し、6連覇となった。 羽生さんはインタビューでは相変わらず飄々とした受け答えで、自分の記録のことなど考えていない風であった。この人はいつでも、ひたすら無心でトップ集団を走り続けるランナーという感じだ。

羽生善治王位・棋聖・王座と渡辺明竜王・王将・棋王という、将棋史上初の「三冠対決のタイトル戦」になって注目された棋聖戦だった。王将・棋王を獲得した渡辺さんと、名人戦に負けた羽生さんということで、渡辺さんが四冠になるのかと思ったが、羽生さんは強かった。

羽生さんと渡辺さんの保持タイトルを見ると、シーズンで分かれているのが面白い。羽生さんは夏から秋、渡辺さんは秋から冬。その季節が特に調子がいいということだろうか。