読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|及川拓馬vs金井恒太2013-7-5竜王戦決勝トーナメント|好手で金井の技あり

 2013年7月5日 第26期竜王戦決勝トーナメント 

及川拓馬五段 対 金井恒太五段 棋譜

f:id:shogifan:20150529063254g:plain

金井恒太五段の竜王戦決勝トーナメントの大一番から。 横歩取りで▲青野流3七桂△4二玉・5一金型の将棋。 1図は4五の飛車が▲8五飛とまわった局面。ちらつく筋が現実となってしまった。

f:id:shogifan:20160229220025j:plain

 △6六桂▲同歩△9四角▲9七桂△8四歩

f:id:shogifan:20150529063304g:plain

好手で金井の技あり

△6六桂捨てが好手で△9四角が大技。1図で先に9四角だと8一飛成、6六桂、6八玉で難しいらしい。及川拓馬五段は先に桂馬を捨てられるのを軽視したか。

2図の△8四歩も当然ながら好手。以下、▲6七角△7八飛成▲同銀△8五歩と進行。先手は誤るとすぐ終局だが、▲9七桂から6七角はさすがの頑張りだった。しかし、後手金桂交換の駒得になった。 金井五段は、柔道でいう「技あり」のポイントを稼いだようなもの。及川五段にすれば、「一本」(即負け)こそ逃れたものの、この分かれは痛かった。

その後も容易ではなかったが、ここでのリードを保った後手金井五段が勝利した。