読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|丸山忠久vs佐藤康光2000-06-26名人戦7局|丸山が名人獲得

2000-06-26 第58期名人戦七番勝負第7局*「丸山忠久八段」vs「佐藤康光名人」 棋譜

f:id:shogifan:20150605081838g:plain

角換り腰掛銀で、先手が△6五歩型に対し▲4五銀とぶつけて交換になった。先手の次の一手が私にとってハイライト局面だった。

f:id:shogifan:20160218205129j:plain

▲5六角

f:id:shogifan:20150605081856g:plain

栄光への角打ち 丸山忠久が名人獲得

この角が働くのだろうか?と思った角打ちだった。丸山さんにしてみれば、名人という栄光への期待の角打ちだった。

図以下、△3三金▲5八金△2六馬▲3五歩と進んで、先手が終始攻める展開となった。

5六の角は6五から▲2一角成と馬になり出世した。その後追い返されて▲2九馬と戻ることになったが、最後までよく敵玉に利いて大活躍した。

その後は長期戦になったが、先手玉は手つかずだった。後手玉は入玉したが、最後は1九で仕留められた。 丸山さんが勝って4-3で名人を獲得した。

この名人が最初のタイトルだった。