読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|森内俊之vs羽生善治1988-06-11早指新鋭戦決勝|角換り棒銀の定跡になった森内の絶妙手

A06森内俊之.十八世名人.三冠 06月対局

 1988-06-11第07回早指し新鋭戦決勝「森内俊之四段」vs「羽生善治五段」

f:id:shogifan:20150529075856g:plain

森内さんが▲角換り棒銀を採用したのが面白かった。 なにげない△5四歩は大悪手だった。 先手の次の一手でなんと将棋がほぼ終わってしまった。

 f:id:shogifan:20160219042620j:plain

▲5三銀

f:id:shogifan:20150529075910g:plain

角換り棒銀の定跡になった森内の絶妙手

若き日のライバル対決。 ▲5三銀!と打ったのが絶妙手。 羽生五段にすれば、うるさい銀を追い返そうとの△5四歩だったろう。 銀取りをそのままに、できた隙間に▲5三銀!  5五歩なら2五飛で、同飛は4二銀まで。2四歩は5五飛でこれもひどい。 実戦は△6二金だが、▲4四銀上以下森内勝ち。

新人の天才ライバル同士の決勝戦は森内俊之四段が制し、早指し新鋭戦優勝となった。 2図のハイライト局面は何度見ても気持ちがいい。角換り棒銀の定跡にのこる絶妙手といって過言でない。