読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|中原誠vs大山康晴1974-06-06名人戦7局|中原、格調高い名手で名人防衛

A03中原誠.十六世名人.五冠

1974-06-06第33期名人戦七番勝負第7局「中原 誠名人」vs「大山康晴十段」 棋譜

f:id:shogifan:20150527200336g:plain

 △三間飛車に先手は▲4五歩の仕掛け。 図まで、盤上は激しく目まぐるしい攻防の戦場だった。そんなさなかに、先手から目を疑う手が出た。 

 f:id:shogifan:20160218213211j:plain

▲9六歩  

f:id:shogifan:20150527200402g:plain

激戦のさなかの端歩突き 中原、格調高い名手で名人防衛

ここまで、激しいやりとりを見てきたので信じられない手であった。

中原名人はおそらく、スッと穏やかな手つきで端を突いたと思われる。 格言で「端玉には端歩を突け」というが、それは端歩を伸ばして玉頭から攻めよということだろう。本局はこのあと9五歩と伸ばしたわけではない。端歩は最後まで9六歩のままだった。

確か大山先生の著書で、この手のことを述べられていた。 大山先生の解釈は、「自玉の懐を広げて、手を渡した」という旨だったと思う。 ▲9六歩を高く評価しておられたと記憶する。名手であった。

中原誠先生が若き時代の防衛戦であるが、恐るべき落ち着きである。 中原名人は格調高い名手で強敵を下し、名人位を防衛した。