読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|塚田正夫vs木村義雄1947-06-06名人戦7局|その1 塚田正夫、名人獲得への好手

1947-06-06第06期名人戦七番勝負第7局千日手指し直し局「塚田正夫八段」vs「木村義雄名人」

 f:id:shogifan:20150412225821p:plain

△5五歩位取り戦法で▲3四飛△5二飛の将棋。△5六飛と歩を取ってきたここで先手に用意の新手が出た。

f:id:shogifan:20160215090144j:plain

  ▲6八桂

f:id:shogifan:20150412225855p:plain

塚田正夫、名人獲得への好手

塚田正夫というとこの将棋が随一といえるほど、有名な一局。 無敵の木村名人が敗れたこと、塚田新名人が誕生したこと、内容が素晴らしい塚田会心の一局であるなど、後世に語り継がれるべき将棋だ。

1図で▲4八金上としたら、△7九馬と寄られて「ギャッ」となってしまった将棋があった。 ▲6八桂が修正の好手。飛車取りとともに7六飛まわりを消している。名人獲得への第一歩となった好い手だった。

この将棋はハイライト局面をふたつ取り上げた。2図が第一のハイライト局面。 2図以下、△4九桂成▲同玉△5八飛成▲同玉と進行。その局面が、第二のハイライト局面の前図。