読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|大山康晴vs木村義雄1952-05-19名人戦1局|寄せの好手 木村、名人戦最後の勝利

A10木村義雄.十四世名人.実力制初 05月対局

1952-05-19第11期名人戦七番勝負第1局「大山康晴九段」vs「木村義雄名人」棋譜

 f:id:shogifan:20150412230159p:plain

▲5五歩位取りから四間飛車という手将棋。

木村名人ペースで進行し寄せも早かった。

f:id:shogifan:20160217233757j:plain

 

△8六歩▲6六銀△5七桂 

f:id:shogifan:20150412230219p:plain

寄せの好手強烈な桂捨て 木村、名人戦最後の勝利

△8六歩が寄せの第一歩で、銀を移動させて7六に角を打とうというもの。

△5七桂が強烈な桂捨てで寄せの好手だった。

2図以下、▲同歩△7六角▲7七飛△6九角成▲同王△6七銀▲6八飛△8七角成▲同飛△6八銀成▲同王△8七歩成まで、後手の勝ち。木村義雄名人快勝となった。

しかし、この将棋が名人戦での最後の勝局となった。 このあと挑戦者大山が巻き返して第2局から4連勝で名人を獲得した。

木村名人は「よき後継者を得た」と言い、引退したシリーズだった。