読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|中原誠vs大内延介1975-05-15名人戦4局|うまいサバキ 大内、穴熊で名人戦勝利

1975/05/15第34期名人戦七番勝負第4局指し直し局*「中原 誠名人」vs「大内延介八段」棋譜

f:id:shogifan:20150525195627p:plain

中飛車から穴熊で6筋位取りに△6二飛と反発して力戦に。▲5八飛と中央に攻勢をかけたとき後手の手作りが見事だった。 

f:id:shogifan:20160226043843j:plain

△4五歩▲同 歩△4六歩▲5七飛△1五角▲5八金△3三桂 

f:id:shogifan:20150525195646p:plain

うまいサバキで桂馬を活用 大内、穴熊で名人戦勝利

△4五歩から△4六歩がうまいタラシ。5七金は4七歩成でだめだし、4八飛は6六角から5七銀がある。 △1五角が気持ちのいい飛び出し。▲5八金を強要して△3三桂と桂馬を活用できて好調だ。後手の角は取られそうだが、1六歩なら構わず4五桂でいい。

2図から難しい戦いが続いたが、うまくさばいた後手が勝った。

大内延介先生は、振飛車穴熊を得意とし名人戦に登場した。 しかし中原名人が穴熊退治を得意としていたためか、穴熊を続けて採用したわけではなかった。 穴熊の採用は3局あったが、穴熊で勝ったのは本局だけだった。